アルス




のんびりや

トロいって言われるけど

まあいいよね





戦闘について50の質問




1.貴方のお名前を教えてください。
「」
2.職業についたことはありますか? ある方は職歴を、ない方は自分の習得している戦闘技術(剣術、体術等)や呪文を教えてください。
「」
3.得意な技や魔法はありますか?
「」
4.好きな技や魔法はありますか?
「」
5.苦手な技や魔法はありますか?
「」
6.嫌いな技や魔法はありますか?
「」
7.必殺技、あるいは「困ったらこれを使っとけ!」という技や魔法はありますか?
「」
8.使える武器の種類を全て教えてください。
「」
9.よく使う武器防具の種類は決まってますか? また、愛用している特定の武器防具がありましたら教えてください。
「」
10.いつでも上記の武器防具を身につけていますか?
「」
11.初めて戦ったのはいつですか?
「」
12.稽古や修業はしていますか? している方は、どういったことをしているのかなどその様子を詳しく教えてください。
「」
13.今までで一番楽しかった戦闘は何ですか?
「」
14.今までで一番辛かった戦闘は何ですか?
「」
15.忘れられない戦闘の記憶はありますか?
「」
16.戦いやすい場所、場面はありますか?
「」
17.戦いにくい場所、場面はありますか?
「」
18.どんな対戦相手との戦闘が得意ですか? また、こんな相手(人魔物問わず。特定の方でも構いません)と戦ってみたいという希望はありますか? それぞれ理由も合わせてお答えください。
「」
19.どんな対戦相手との戦闘が苦手ですか? また、戦いたくない相手(人魔物問わず。特定の方でも構いません)はいますか? それぞれ理由も合わせてお答えください。
「」
20.好敵手はいますか?
「」
21.宿敵はいますか?
「」
22.一人での戦闘と複数人と連携しての戦闘はどちらが得意ですか? それはどうしてか、理由も合わせてお聞かせください。
「」
23.一緒に戦いやすい人はいますか? いなければ、共闘しやすいタイプをお答えください。
「」
24.逆に一緒に戦いにくい人はいますか? いなければ、共闘しにくいタイプをお答えください。
「」
25.戦闘中、貴方はどんな役割をこなすことが多いですか?
「」
26.戦闘中に作戦を立てることは得意ですか? 不得意ですか?
「」
27.貴方は前衛ですか? 後衛ですか?
「」
28.近距離、中距離、遠距離戦ではどれが得意ですか?
「」
29.ずばり、貴方の戦闘スタイルを一言で教えてください。
「」
30.貴方にとって望ましい戦闘のあり方・戦闘スタイルとはどういったものでしょうか?
「」
31.貴方にとって許し難い戦闘のあり方・戦闘スタイルとはどういったものでしょうか?
「」
32.戦闘での貴方の強みは何だと思いますか?
「」
33.戦闘での貴方の弱みは何だと思いますか?
「」
34.戦闘においてこれだけは他人に負けない、または負けたくないことはありますか?
「」
35.戦闘で貴方が最も重視することは何ですか?
「」
36.攻撃力と体力・魔力の温存ではどちらを優先しますか?
「」
37.ぶっちゃけ、貴方は強いですか?
「」
38.戦闘は好きですか、嫌いですか?
「」
39.どうして戦闘が好き、または嫌いなのでしょうか? 理由をお答えください。
「」
40.(好きと答えた方へ)心底戦いたくないと思ったことはありますか?
「」
41.戦うことは得意ですか? 不得意ですか? またどうしてそのような意識があるのか、理由をお教えください。
「」
42.戦闘に対して積極的ですか? 消極的ですか? 理由も合わせてお答えください。
「」
43.実は貴方のお仲間をここにお呼びしてあります。お仲間の皆様に質問です。戦闘中、この方はどのような感じでしょうか?
「」
44.続けてお仲間の皆様に質問です。戦闘中のこの方は頼りになりますか?
「」
45.お仲間の皆様、ありがとうございました。では、今のコメントを聞いた感想をお聞かせください。
「」
46.貴方にとって仲間とは何でしょうか?
「」
47.貴方にとって戦闘とは何でしょうか?
「」
48.戦うことに理由はありますか? 有無どちらでも、その理由をお聞かせください。
「」
49.最後の質問です。魔物や人を殺すことにつて、貴方はどう思いますか?
「」
50.ご回答ありがとうございました。何か他に言い足りないことがありましたら、ここで仰ってください。
「」





記憶




「なあアルス、アルスは何で漁師になりたいと思ったんだ?」
 オイラが聞くと、びっくりしたみたいに頭を上げた。
「えっまあ……子供の頃から憧れてたからかなあ?」
「王様とか、神の兵とか、海賊とか、このえたいちょうより憧れるのか?」
 アルスはきょとんとした。アルス、もしかして何も聞いてねえのかなあ?
「みんなが色々言うぞ。アルスはすごい、キーファの妹とも結婚しないし、グレーテとも結婚しないし、他の姫様とか女王様とも結婚しない。どの王様の誘いも断って、軍にも入らないで、漁師になって。何でだろうって言われてるらしいぞ」
「あはは……噂って怖いなあ」
 苦笑してる。それから、うーんと考え込んでからこう言った。
「そうだねえ。僕はリーダーなんて性に合わないから」
「王様はリーダーか?」
「うん、そうだね」
「海賊のお頭もか?」
 アルスは頷いた。けど、オイラは首を傾げた。
 旅してる時、アルスはオイラ達のリーダーだった。マリベルにアイラ、メルビンがあれこれ言って、最後にまとめてこうしようって言うのはアルスだったし、戦いの時の中心はいつもアルスだった。
 なのに、リーダーは合わないのか?
「あれはみんなが積極的に色々意見を出してくれたから、僕が相槌打ってただけだよ。戦闘も僕が打撃職中心にマスターしてたから自然とそうなっただけで、僕が中心だったわけじゃない」
「そうかあ?」
「僕は、それより海に出て潮の流れを読んだり、世界中の海をまわって魚をたくさん取って、村に持って帰ってみんなが喜んでくれる方が好きなんだ」
 アルスの目は海みたいだった。深い深い緑色なんだけど、たまに魚の群れが泳ぐみたいにキラキラってするんだ。
 それを見てたら、何となくオイラはアルスは海なんだって気がしてきた。よく分からねえんだけど、アルスは海で、波で、魚で、船なんだ。よく分かんねえんだけど。
「そっか、アルスはホントに漁師が大好きなんだな!」
「まあ、そうだね」
 それに――って、アルスの口が動いたけど、声が小さくて聞き取れない。オイラは目を凝らした。アルスの唇は、こう動いていた。  もう、いいんだって。
「アルスが漁師だと、オイラも魚いっぱい食べられるし嬉しいぞ!」
「うん、なら良かった」
「アルス、オイラまた魚食いに行くからな!」
「うん、うちで良かったら」
 アルス、アルスは本当にすげえんだぞ。すげえけど、アルスはアルスのいたい所にいて、行きたいところに行けばいいんだ。
 だから、泳ぎ疲れたらちゃんと帰って来るんだぞ。オイラ待ってるからな!