ソロ




右の頬を打たれたら

文句は言うけど

殴らない





戦闘について50の質問




1.貴方のお名前を教えてください。
「ソロだ」
2.職業についたことはありますか? ある方は職歴を、ない方は自分の習得している戦闘技術(剣術、体術等)や呪文を教えてください。
「職歴? 純朴な田舎少年って言いたいところだが、天空の勇者って奴なんらしい」
3.得意な技や魔法はありますか?
「ギガデインって他に使える奴いねえと思ってたんだが、案外いるのな。びっくりした」
4.好きな技や魔法はありますか?
「フェイント技。引っかかった相手の顔見んのが楽しくて楽しくて」
5.苦手な技や魔法はありますか?
「モシャスはあんまり」
6.嫌いな技や魔法はありますか?
「輝く息は喰らいたくねえし凍てつく波動もされるのは嫌ぇだ」
7.必殺技、あるいは「困ったらこれを使っとけ!」という技や魔法はありますか?
「状況にもよるが、腹立つことに天空の剣の凍てつく波動が便利なんだよな」
8.使える武器の種類を全て教えてください。
「ちゃんと教わったのは剣、槍くらい。あとは適当」
9.よく使う武器防具の種類は決まってますか? また、愛用している特定の武器防具がありましたら教えてください。
「天空の勇者しか使えないっつぅありがたーい武器と防具を使わせてもらってるぜ」
10.いつでも上記の武器防具を身につけていますか?
「いつでもじゃねえな。でも大体天空のしか使わねえ」
11.初めて戦ったのはいつですか?
「実戦は村出てすぐ。スライム相手に苦戦してた覚えがあるぜ」
12.稽古や修業はしていますか? している方は、どういったことをしているのかなどその様子を詳しく教えてください。
「村に剣の師匠と魔法の師匠がいた。旅に出てからはライアンとかクリフトに手合せしてもらうことが多いな。魔法は知らんうちに使えるようになってた」
13.今までで一番楽しかった戦闘は何ですか?
「デスピサロのフルボッコは楽しかったぜ! ……冗談だ」
14.今までで一番辛かった戦闘は何ですか?
「もう忘れちまった。悪ぃな」
15.忘れられない戦闘の記憶はありますか?
「エッグラとチキーラって奴らと戦ったことがあるんだが、アイツらくそシュールで笑えるのに笑えねーくれぇ強かったんだよな。何だったんだアイツら」
16.戦いやすい場所、場面はありますか?
「自分のよく知ってる場所はいいよな。地の利を活かすのは得意だぜ」
17.戦いにくい場所、場面はありますか?
「敵のテリトリーだと面倒くせえ」
18.どんな対戦相手との戦闘が得意ですか? また、こんな相手(人魔物問わず。特定の方でも構いません)と戦ってみたいという希望はありますか? それぞれ理由も合わせてお答えください。
「単純バカが一番だよな。脳筋野郎のアレンとか、簡単なひっかけに引っかかりやすいクリフトみてえなのはやりやすいわ」
19.どんな対戦相手との戦闘が苦手ですか? また、戦いたくない相手(人魔物問わず。特定の方でも構いません)はいますか? それぞれ理由も合わせてお答えください。
「進化の秘法使ってくる奴ら。アイツらありえねーだろマジで」
20.好敵手はいますか?
「んー……色んな意味でライアン。あの人はライバルっつーより目標だな」
21.宿敵はいますか?
「ピサロ」
22.一人での戦闘と複数人と連携しての戦闘はどちらが得意ですか? それはどうしてか、理由も合わせてお聞かせください。
「大人数で戦うのに慣れてるから連携じゃねえ? 一人も苦手じゃねえけど」
23.一緒に戦いやすい人はいますか? いなければ、共闘しやすいタイプをお答えください。
「あー……クリフトかな。アイツが回復で俺が戦うってのがバランス取れてる気がする」
24.逆に一緒に戦いにくい人はいますか? いなければ、共闘しにくいタイプをお答えください。
「俺に敵意持ってる相手には背中預けらんねえな」
25.戦闘中、貴方はどんな役割をこなすことが多いですか?
「司令役」
26.戦闘中に作戦を立てることは得意ですか? 不得意ですか?
「それなりに得意なんじゃねーの?」
27.貴方は前衛ですか? 後衛ですか?
「前衛」
28.近距離、中距離、遠距離戦ではどれが得意ですか?
「近距離。ギガデインならどの距離でもいけるけど」
29.ずばり、貴方の戦闘スタイルを一言で教えてください。
「指揮官は心を自由にしておかなければならない。教わった格言だ」
30.貴方にとって望ましい戦闘のあり方・戦闘スタイルとはどういったものでしょうか?
「後腐れねえのがいいよな」
31.貴方にとって許し難い戦闘のあり方・戦闘スタイルとはどういったものでしょうか?
「関係ねえ奴を巻き込むのは大っ嫌ぇだ」
32.戦闘での貴方の強みは何だと思いますか?
「頭のキレと度胸は悪くねえって言われるな」
33.戦闘での貴方の弱みは何だと思いますか?
「一回ハマっちまうと後手後手に回るところ」
34.戦闘においてこれだけは他人に負けない、または負けたくないことはありますか?
「あー? 命だけは取られたくねえな 35.戦闘で貴方が最も重視することは何ですか?
「生還すること。これが一番だ」
36.攻撃力と体力・魔力の温存ではどちらを優先しますか?
「状況次第だ」
37.ぶっちゃけ、貴方は強いですか?
「どうだろうな」
38.戦闘は好きですか、嫌いですか?
「んー、嫌いじゃねえよ」
39.どうして戦闘が好き、または嫌いなのでしょうか? 理由をお答えください。
「戦うことで得られるモンもあるからな」
40.(好きと答えた方へ)心底戦いたくないと思ったことはありますか?
「……たまーにある」
41.戦うことは得意ですか? 不得意ですか? またどうしてそのような意識があるのか、理由をお教えください。
「まあまあ得意なんじゃねえ? 慣れてるからよ」
42.戦闘に対して積極的ですか? 消極的ですか? 理由も合わせてお答えください。
「積極的じゃあねえな。自分から意味もねえのに魔物に喧嘩ふっかけてた時期もあったけど、もうやめたよ。虚しくって」
43.実は貴方のお仲間をここにお呼びしてあります。お仲間の皆様に質問です。戦闘中、この方はどのような感じでしょうか?
ライアン「捻くれたように見せてるが、日々真摯にやってると思うぞ」
アリーナ「とりあえずボコっとけ! って言って任せてくれる!」
クリフト「男前ですよねえ……」
ブライ「年寄りを危険な目に遭わせおって……ブツブツ……」
トルネコ「遠目に見てる感じではしっかりやってらっしゃいますねえ」
マーニャ「ちゃーんとリーダーちゃんやってるわよ」
ミネア「勇者様として申し分ない活躍ぶりです」
44.続けてお仲間の皆様に質問です。戦闘中のこの方は頼りになりますか?
ライアン「無論だ」
アリーナ「うん、頼りにしてる!」
クリフト「はい……はあ、いいなあ……」
ブライ「クリフトよりはマシですな」
トルネコ「ええ、勿論! 私いつも馬車の中にいるんで分からないですけど」
マーニャ「まっアタシの攻撃呪文には負けるけどね!」
ミネア「姉さんったら! あっすみません、とても頼りにしてます」
45.お仲間の皆様、ありがとうございました。では、今のコメントを聞いた感想をお聞かせください。
「おめーらな……おうおう、頼りにしとけ」
46.貴方にとって仲間とは何でしょうか?
「好き勝手言って好き勝手やってる奴らだが、まあ悪くねえってとこかな」
47.貴方にとって戦闘とは何でしょうか?
「戦うことだろ? それ以外に何かあんのか?」
48.戦うことに理由はありますか? 有無どちらでも、その理由をお聞かせください。
「生きるためだろう」
49.最後の質問です。魔物や人を殺すことにつて、貴方はどう思いますか?
「どう思うって……あんまホイホイやっていいことじゃあねーだろ」
50.ご回答ありがとうございました。何か他に言い足りないことがありましたら、ここで仰ってください。
「特にねえな。お疲れさん」





記憶




「ごめんな」
 それでも言わずにはいられなかった。途中から、この竜に敵意がないことは分かっていた。それでも忌み嫌う存在に似ていたし、その仲間である可能性を捨てきれなかったからやめられなかった。
 自分はどうかしている。似ていて同種族というそれだけの理由で、ここまでしてしまうなんて。
「結局、俺も同じ穴の狢なんだよな。あのクソ魔王と」
 己がほとほと嫌になる。理屈では理解しているのに。
「分かってるんだよ。アイツにも守りたいものがあったからってことも。俺がもしアイツの立場でも、同じことしたかもしれねえってことも。何もかも……」
 溜め息を吐いて、薄く笑む。
「もう、どうしようもねえんだってことも」
 竜はぴくりとも動かない。ソロは独白を続ける。
「それでも俺は……許せねえんだ。アイツがしたことを。でもアイツがしたことを俺がしたら、また俺やアイツみたいのが生まれちまう。他の誰かを、村のみんなみたいに殺しちまうかもしれねえ」
 語尾が震えた。止みかけていた雨が、また強くなる。
 脳裏に懐かしい顔がいくつも浮かんでくる。父、母、幼馴染み、幼馴染みの育て親、剣の師――村に住んでいた一人一人の姿と生活の場面が走馬燈のように駆け巡って、消えていく。
「……ごめん」
 喉が震えてしまって、上手く声にならない。身体が震えて堪えきれず、その場に膝から崩れ落ちた。
「ごめん……みんなを選べなくて、生き返せなくて、ごめ、んなさい……ッ!」
 生暖かい雨が頬を伝う。
 許せない。どうしようもないことだとは分かっていても、何を感じても無駄だと分かっていても。
 世界のためだと分かっていても、こうするしかなかったんだと分かっていても。
 心に叩き込む理屈と底から込み上げる感情は別でも、自分のやったことに変わりはないから。